ブログトップ

最近の大工事情

z6mqfpkm.exblog.jp

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「消防車が見たかった」森林に放火容疑で男逮捕 栃木(産経新聞)

 森林に放火したとして、栃木県警矢板署は26日、森林法違反(森林放火)の疑いで、同県高根沢町文挟、アルバイト従業員、山中秀昭容疑者(26)を逮捕した。山中容疑者は「消防車が見たかった」と容疑を認めている。

 同署の調べによると、山中容疑者は1月26日午前0時半ごろ、同県矢板市内の山林で、枯れ枝にライターで火をつけ、山林約270平方メートルを焼いた疑いが持たれている。

 同署によると、山中容疑者は自分で119番通報した。今年に入って、矢板市内で山林のボヤなどが数件発生、いずれも山中容疑者が119番通報をしていることから、同署で余罪を調べている。

【関連記事】
幼稚園に放火容疑 自称俳優を逮捕
千葉放火殺人・父娘 長女のタバコで自宅全焼、経済的に困窮!?
炎上タクシーの中から男性?遺体 神奈川
15歳の娘が供述「私も金を使った」 千葉・八街の殺人放火事件で父娘を送検
最初は枯れ葉…「物足りなくなって」空き家全焼さす 福岡の小中生8人
虐待が子供に与える「傷」とは?

トラック運転手逮捕 大阪・港区の死亡ひき逃げ(産経新聞)
塩事業センターなど対象=公益法人仕分けスタート(時事通信)
「金は使った」容疑者の娘が供述 千葉の放火殺人(産経新聞)
雇用調整助成金の要件緩和、家畜伝染病では初(読売新聞)
<原爆症訴訟>78歳女性を認定 千葉地裁判決(毎日新聞)
[PR]
by trqrtovmql | 2010-05-27 20:11

「ザク」が組み体操!? マニア心くすぐる笑えるフィギュア(産経新聞)

【人気の一品】

 遊べる。飾れる。そして笑える−。フィギュア玩具「ツミコレ」シリーズが、かつてアニメや特撮に胸を躍らせた男性たちの心をくすぐっている。

 東急ハンズ心斎橋店(大阪市中央区)で人気の「ツミコレ」(735〜1260円)は、約3・5センチのキャラクターを使って遊ぶ新感覚フィギュア。1箱に10〜15体のフィギュアが入っており、組み体操のように積んだり並べたりして、さまざまな形を作ることができる。

 どのフィギュアも思わず吹き出してしまうひょうきんな四つんばいのポーズ。見るだけで心を和ませる愛嬌(あいきょう)にあふれている。

 平成17年に仮面ライダーの“敵役”が入った「ショッカーマニア」の発売以来、新商品を次々と投入。現在、ショッカーは品切れ中で、機動戦士ガンダムの「ザク」などを集めた「ザクマニア」も売れ行きは絶好調という。

 「作品に欠かせない脇役を集め、マニア心をうまく突いている」と、同店バラエティグッズ販売担当の塚本亮さん。ウルトラマンの「ダダ」やゲゲゲの鬼太郎の「目玉おやじ」など、全シリーズ7種類で1カ月に50〜60個売れている。

 少年時代に好きだったキャラクターを選び、息子に贈る父親も多いという。親子が世代を越えて一緒に楽しめるというアナログの良さも人気を集める理由のひとつだ。

【関連:人気の一品】
スイーツ好き女子が夢中!! 香りまでそっくりなケーキ型せっけん
名古屋の歴史を凝縮?開府400年記念の塩キャラメルサブレ
ユニークな形が評判! 伝統の技術が生きる「変わり京座布団」
もう手放せない! 男性にも広がるストール人気
行列「9時間待ち」!あのドーナツが名古屋進出
少子化を止めろ!

出会い系、「婚活」女性もトラブル続出(読売新聞)
<羽生市長選>河田氏が無投票再選(毎日新聞)
<事務・権限仕分け>21、24両日に開催 地方委譲へ(毎日新聞)
十数件に関与? ひったくりで少年逮捕 警視庁 (産経新聞)
<宮中晩さん会>カンボジア国王迎え、皇居で 140人出席(毎日新聞)
[PR]
by trqrtovmql | 2010-05-19 00:22

近代化の歩み後世に 宮内庁、古写真デジタル化(産経新聞)

 日本の近代化の記録を後世に残そうと、宮内庁が明治から戦前までに撮影された古写真のデジタル化に取り組んでいる。写真は当時の国情を視覚的に伝える“報告書”として、天皇のお手元にのぼったものだが、退色などの劣化が問題となっていた。

 宮内庁はデジタル化した写真をホームページで公開することも検討しており「検索機能や解説を充実させたデータベースを構築し、多くの国民に利用してもらいたい」と話している。

 ◆保管3万点

 宮内庁で保管する古写真は約3万点。明治天皇の行幸先でお付きの写真家が撮影したものや、地方自治体が近代化の進捗(しんちょく)状況を報告するために献上したものなどだ。

 関東大震災で倒壊した東京・浅草の高層建築、凌雲閣(りょううんかく)、沖縄戦で破壊された首里城、まげを結い着物をまとった男たち…。色あせた写真の中には、貴重な景色が広がっている。

 天皇のそばに仕える侍従職によって保管されてきたが、昭和12年に約1万点が当時の宮内省図書寮(現宮内庁書陵部)へ。残り約2万点が三の丸尚蔵館に引き継がれた。

 明治期の写真の特徴について、三の丸尚蔵館の学芸員は「台風や地震など自然災害の惨状を写した写真が多い」と話す。テレビはもちろん、新聞の写真製版もなかった時代。地方から届く写真が各地の様子を伝えるメディアの役割を果たしていた。「こうした写真をみて、明治天皇が被災地に救済金を贈られることもあった」という。

 貴重な写真は、温度や湿度が厳重に管理された倉庫で保管されてきた。しかし、年々劣化が進んでいる。

 古写真の印画紙に用いられていたのは主に、卵白を薄紙に塗り乾燥させ、硝酸銀水溶液で処理した「鶏卵紙」と呼ばれるもの。「鶏卵紙は光に非常に弱いため、調査や研究で出し入れするたびに色があせてしまう」と書陵部の担当者は話す。

 ◆公開を検討

 古写真の現状を維持しながら倉庫で保存していくことが難しくなる中、書陵部は平成18年からデジタルによる保存を始めた。三の丸尚蔵館でもデジタル化を進めている。

 現在、古写真を閲覧するには申請書を提出するなど煩雑な手続きが必要だが「将来的にはインターネットで閲覧できるようにしていきたい。郷土史などの研究に役立ててもらえれば」(書陵部)と話している。

 約3万点すべてをデジタル化するには開始から10年以上を要しそうだが、担当者らは作業が終わったものから一般公開ができないかと検討している。(篠原那美)

首相、徳之島への移転要請=3町長は拒否へ−普天間(時事通信)
<シニアカー>事故ご用心 歩行者に追突、加害者に(毎日新聞)
反捕鯨SS船長、27日に初公判 東京地裁(産経新聞)
<アカヤシオ>ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)
<春の叙勲>皇居で大綬章授与式(毎日新聞)
[PR]
by trqrtovmql | 2010-05-11 19:50