ブログトップ

最近の大工事情

z6mqfpkm.exblog.jp

ガチョウ

ガチョウの成鳥 ガチョウの親子ガチョウ(鵞鳥、鵝鳥、英: goose)は、カモ目カモ科ガン亜科の鳥。雁の仲間。家禽。仏名はワ(oie)。概要野生の雁(ガン,かり)を飼いならして家禽化したもので、家禽としてはニワトリに並ぶ歴史を有しており、古代エジプトにおいてすでに家禽化されていた記録がある。ガンと姿形は似ているが、体は大きく太っており、飛ぶ力はほとんどない。粗食に耐えながらも短期間で成長し、肉質が優れ、良質な羽毛を備える。肉は食用に、また日本ではあまり食用に供されることはないが、世界的には卵も広く食用とされる。羽毛は羽根布団やダウンジャケット、バドミントンのシャトル、鵞ペンなどに用いられるが、羽毛の利用はどちらかといえば副次的なものである。その一方で警戒心が非常に強く、見知らぬ人間や他の動物を見かけると金管楽器を鳴らしたような大声で鳴き騒ぎ、対象を追いまわし首を伸ばしてくちばしで攻撃を仕掛けることから、古来より番犬代わりとなることが知られていた。現代ではバランタイン社の醸造所を警護するスコッチ・ウォッチが有名。鵞鳥(がちょう)の「鵞」(我+鳥)の字にある我は鳴き声(ガーガー)から来ているとする説がある。又、ガチョウは、日本全国の、一部の小学校飼育小屋でも飼われている。品種現在飼養されているガチョウはハイイロガンを原種とするヨーロッパ系種と、サカツラガンを原種とする中国系のシナガチョウに大別される。シナガチョウは上くちばしの付け根に瘤のような隆起が見られ、この特徴によりヨーロッパ系種と区別することができる。またヨーロッパ系種はフランスで品種改良が重ねられたツールーズ種と、オランダ、ドイツで品種改良が重ねられたエムデン種に大別される。特にツールーズ種は肉用としてよりも、肝臓を肥大化させたフォアグラで有名である。ヨーロッパ系種はヨーロッパとアメリカで、シナガチョウはアジア、アフリカ地域で広く一般に飼われている。フィクション人間に飼われてきた歴史が長いだけに、世界各国の昔話や伝説、神話に頻繁に主役、脇役として登場する。中でも特にイギリスのマザーグースは有名である。イソップ寓話のガチョウと黄金の卵や、グリム童話の黄金のがちょう(Die goldene Gans)の話も広く一般に知られている。また一方で創作物や小説にも重要な役を担って登場する。アンデルセンの創作童話マッチ売り

東京地裁、石川衆院議員ら3人の保釈決定(読売新聞)
条件付き「25%減」を国連提出へ=温暖化閣僚委で正式決定−政府(時事通信)
<鳩山首相>幸夫人、賞品の宝石類を寄付(毎日新聞)
除雪機に巻き込まれ死亡=73歳男性、自宅で作業中−山形(時事通信)
上田容疑者を起訴=円山さん殺害、連続不審死−鳥取地検(時事通信)
[PR]
by trqrtovmql | 2010-03-02 03:51
<< 「男子」で通学、学校認める=性... <性同一性障害>中1女子が男子... >>